読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー女の暮らし

今日、感じたことを記録しようと始めました。

意外と、願うと叶ってしまう

祈りの力を知ると、

むやみやたらに祈るのが怖くなります。

 

最近の私は、お願いした後に

「私の身勝手な想いは叶えてくださらず、

良い時期に必要なものを与えてくださる

神様に感謝します。」

と加えるようにしています。

 

私の思い通りの世界になったら大変だと

分かったからです。

 

年初にパイプオルガンを弾きたいと願ったら

叶ってしまいました。

 

こういう仕事に変わりたいと願ったら

叶いそうな風向きになってきました。

 

おっと…、早すぎませんか?

 

あとは、私の頑張りと成果次第。

自分を追い込んで努力し尽くすしかありません。

願いが叶ったのだから、

言い訳も人のせいにも、できない。

 

ということで、暇さえあればオルガンに

向かっています。

 

 

バターとはちみつのトースト

胚芽パンが好きです。

しっかり噛んでいると旨味が出てきて

しみじみ、美味しいなあと思う。

 

今朝はトーストしてバターをたっぷり塗り、

さらにはちみつをたらしていただきました。

 

おいしくって、思わず、おかわり。

2枚食べたらお腹が一杯になりました。反省。

 

バターはちみつトースト、やばいです。

 

ひもの、うまっ

主人が海外出張で不在にしています。

食生活を手抜きしすぎていけません。

ひとりだとやる気起きないんだなぁ。

 

生活クラブで届いた、

「奥和のひものお試しセット」を

重宝しています。

 

金目鯛、あじ、さんま、かますが

一枚ずつ入ったお試しセット。

もう、なん十回もリピートしてます。

 

一夜干しって簡単に言いますが、奥深い。

味を左右するのはなんでしょうか。  

こちらのセットはとても美味しくて

スーパーで売ってるのとは、全く別物です。

 

鯵の干物の、ふっくらとして柔らかいこと。

旨味が凝縮して、ご飯のおともにちょうど

いい塩加減です。

 

生活クラブの魚は冷凍で届くのですが、

冷凍技術が良いのでしょうね。

その日の朝に冷蔵庫に移してゆっくり解凍、

その段取りだけで本当に美味しくなる。

 

焼き魚もシンプルで好きですが、

煮魚のしみじみ美味しいのもたまらない。

かれい煮やめばる煮などよくします。  


今晩は、かますの焼き魚に、レタスサラダ、

作りおきの筑前煮、納豆、ご飯。

お味噌汁は面倒で割愛です。

日本人で良かったなあと思う食卓です。

 

近所のパン屋さん

3か月前、近所にパン屋さんがオープンしました。

 

主人が散歩帰りにお店を見つけて、ブドウパンをゲット。

さっそく次の日の朝、焼いて食べてみました。

 

お・・・おいしい~♡

 

我が家は最寄り駅からバスに乗らないといけない

不便な立地にあります。百貨店に入っているような

有名パン屋さんの品質は求めていなかったのですが、

予想外に美味しく、しかもリーズナブルなお値段。

 

その後、スタンダードな食パンや胚芽パン、

総菜パンや菓子パンも試してみました。

 

りんごパンは、頭にポッキーの芯がささったりんごを模した外見で、

リンゴを練り込んだ生地の中には優しいりんご餡が入っている。

角食パンは、皮が噛みごたえがあり、中はもっちりのザ・食パン。

メープルパンは、多すぎず少なすぎずのメープルが練り込んだ絶品。

シラスチーズパンもいい感じの塩気と控えめなお味。

 

サイズ感、具のあんばい、見た目の楽しさがちょうどいい。

ちょっと、なかなか、こういうお店はありません。

 

その後、すっかりパンにはまった私は、あちこちのお店の

パンを試しては、(近所の方がいいな)とにんまりしています。

 

一軒のパン屋さんの存在が、生活の質を大きく変えます。

うちの近所にお店を開けてくれて、ありがとう!!

 

 

 

 

 

我が家の味噌づくり

節分が終わりました。

豆つながりで味噌のことを思い出しました。

我が家では毎年、味噌を手作りします。

 

材料は、大豆、麹、塩とシンプル。

柔らかく水煮した大豆をつぶして麹と塩を混ぜ、

味噌だるに漬けこんだら、塩でふたをする。

 

大豆(乾物)と麹は同じ分量で作ります。

各1キロずつなら、塩は500グラム前後くらい。

 

半年から1年、倉庫にしまっておいて、いただきます。

 

色が変わったりカビが生えることもあるけれど

表面だけ取りのぞけば、下は大丈夫です。

 

今日、生活クラブで買っておいた材料を使って

相方さんと味噌づくりをしました。

 

一緒に出してきた去年の味噌もデビュー。

味噌汁を飲むのが楽しみです。

 

手作り味噌は、優しいお味で、手前味噌とは

よく言ったもので、市販のものとは一味違います。

 

私は保育園で働いているのだけれど

この味噌づくりを子ども達と一緒にやれないかしら

と考えています。

 

大人が見ても、ミラクルな麹の働きは、

良い食育になると思うのよね。

 

機会があれば、あなたもぜひ試してみてくださいね。

想像よりも簡単で、得るものは大きいと思います。

 

 

 

 

 

かつての過ちを語る

私はとあるプロテスタント系の教会員なの

ですが、そこは日本キリスト教団という

看板をつけています。

 

私が通う教会では、毎年8月になると

通称、戦責告白を読み上げる日を作る。

 

第二次大戦下における日本基督教団の責任についての告白 - 日本基督教団公式サイト

 

去年このパンフレットが、供給中止になった

と聞き、教会で買い占めた1枚をもらい、

大事に持ち歩いている。

 

教団内の保守派と呼ばれる立場の人々は、

この戦責告白を認めたがらず、廃棄すべき

だと主張する。

「当時はそういう時代だったのだから

しょうがない」

「もう自虐はやめるべきだ」

と廃止したがっていると聞く。

 

この戦責告白を読んでクリスチャンになろう

と決心した私にとって、そういう人達が何を

言っているのか、日本語を話しているはず

なのに意味が分からないでいる。

 

 テレビCMで遠藤周作の「沈黙」の映画の

宣伝をしている。人の犯す罪と神の赦しに

ついて中学生だった私は、小説を読んで

大きな衝撃を受けたことを思い出す。

 

戦責告白の中で、私が一番胸をうたれる言葉が

 

<わたくしどもは「見張り」の使命をないがしろにいたしました。>

 

日常生活の中で、見て見ぬふりをすること、

黙っていることで、見張りの使命を果たさず

に、悪に加担していることに気づかされます。

 

この戦責告白があるから、自分のような弱い

人間でもクリスチャン、すなわちキリストの

言葉と行動に倣う者でありたいと目標にしても

いいのだと許されていると思えるのです。

 

かつての過ちを語る強さ、賢さを得たいと

願います。

 

 

 

 

 

 

 

スペアリブは2本まで

スペアリブが好きです。

骨のまわりのお肉がおいしい。

生活クラブで見つけると、ぽちっと買います。

 

スペアリブ500gは、夫婦二人の食卓には少し

多すぎるので、近くに住む親戚が訪ねてきた時

一緒に食べるようにしています。

 

頂き物のリンゴが柔らかくなってきて、

そのまま食べる気がしなかったので、

すり下ろしてみました。

醤油とみりん(白ワインがなかったので)

を加えてスペアリブに漬けこみます。

半日から一日。

 

時間がおいしさの決めて。

楽ちんメニューです。

 

オーブン180度で30分焼きます。

4人でちょうどいいくらいの量でした。

 

お肉料理は(もうちょっと食べたいな)

くらいのお腹で止めておくのがいい感じ

 

食べ過ぎると苦しくて次の日まで負担が

かかります。特に、牛肉は胃もたれの

リスクが高く、注意しています。

 

お魚だとそういうこと、ないんだけど。

お肉を消化するカラダではないようです。

 

私は食いしん坊なので、食べ過ぎに気を

つけています。自宅では、材料を揃える

ところ、盛り付けのところで、食事量を

コントロールするようにしています。

 

初めて行く外食のお店では、この制御が

難しいです。先日、初めて訪ねたイタリアン

でコース料理を頼みました。

前菜から量が多く、私たちには過剰で、

でも残すのも嫌だから頑張って食べました。

帰り道、お腹の中がぐるぐる、嫌な感じ。

夜も眠りが浅く、次の日に疲れを残して

しまいました。

 

アラカルトで頼んだら、もう少しうまくいくのかもしれません。でも、苦しかった記憶が

あるので、たぶん、そのお店にはもう、

行かない気がします。コースの量のちょうど

よさは、お店との相性をはかるものさしに

なると思います。

 

いくら美味しいものでも、胃腸に苦行を

させてはいけない歳になったのだなぁと

寂しく感じます。

 

食事を残す勇気も必要ですね。

 

基本は自宅で、良い食材を揃えて、適量を

食べるのがベスト。

 

 

伝え聞く、おすすめレストランに魅力は

感じますが、なじみのお店を2、3軒持ち、

たまの外食では使い回す方法が賢い

レストランの利用法かもしれません。